祈りの幕が下りる時 (2018) : The Crimes that Binds

東野圭吾のベストセラーを阿部寛主演で連続ドラマ化し、“泣けるミステリー”として話題を呼んだ人気シリーズの劇場版第2弾。刑事の加賀がある日、都内で起きた女性絞殺事件の捜査を進めるうちに、失踪した自身の母の謎に迫っていくさまがつづられる。原作は、第48回吉川英治文学賞を受賞した。監督:福澤克雄、キャスト:阿部寛、松嶋菜々子、溝端淳平、小日向文世、田中麗奈 ほか

 ・ amazon : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds
 ・ amazon prime : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds
 ・ Hulu : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds
 ・ U-NEXT : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds
 ・ dTV : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds
 ・ GYAO : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds
 ・ Youtube : 祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds

祈りの幕が下りる時 (2018) / The Crimes that Binds

小菅のアパートで滋賀県在住の40代女性・押谷道子の腐乱遺体が発見された。アパートの住人は越川睦夫と名乗る男性で、現在越川は消息を絶っていた。捜査一課の松宮は殺害時期や現場が近い新小岩での河川敷で発生したホームレス焼死事件との関連性を感じながらも、道子の住む滋賀県での捜査で道子が中学の同級生で演出家の浅居博美を訪ねに上京したことを突き止める。しかも博美は松宮の従兄で日本橋署の刑事・加賀の知り合いだった。松宮から博美についての意見を求められ、初めは管轄違いということもあり捜査の助言を送る程度だった加賀だったが、アパートで見つかった日本橋にある橋の名前を月毎に書き込んだカレンダー(1月:浅草橋、2月:左衛門橋、3月:西河岸橋、4月:一石橋、5月:柳橋、6月:常盤橋、7月:日本橋、8月:江戸橋、9月:鎧橋、10月:茅場橋、11月:湊橋、12月:豊海橋)の存在が、この事件を思わぬ形で加賀の中で燻っていた失踪した母に関する謎と直結させることとなる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. チーム・バチスタの栄光 (2008) : The Glory of Team Batista

  2. 疾風ロンド (2016) : Shippu Rondo

  3. 姑獲鳥の夏 (2005) : Ubume no Natsu

  4. HERO (2007) : HERO

  5. ジェネラル・ルージュの凱旋 (2009) : The Triumphant Return of General Rouge

  6. 麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2012) : The Wings of the Kirin

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。