HERO (2007) : HERO

高視聴率を記録した人気ドラマの映画化。木村拓哉ふんする型破りな検事・久利生が、松本幸四郎演じる最強の弁護士と対決する。木村とイ・ビョンホンの日韓スター共演も実現。

監督:鈴木雅之
出演:木村拓哉、松たか子、松本幸四郎、阿部寛、大塚寧々、勝村政信、小日向文世、国仲涼子、綾瀬はるか、香川照之、中井貴一、児玉清、松本幸四郎、イ・ビョンホン

 ・ amazon : HERO (2007)
 ・ prime video : HERO (2007)
 ・ Hulu : HERO (2007)
 ・ U-NEXT : HERO (2007)
 ・ dTV : HERO (2007)
 ・ Youtube : HERO (2007)

HERO (2007) / HERO のストーリー

6年ぶりに東京地検城西支部へと久利生公平(木村拓哉)が戻ってきた。しかし、ひさびさに再会した雨宮舞子(松たか子)の態度はよそよそしいものだった。相変わらず自分のペースで仕事に向かう久利生は、芝山検事(阿部寛)が起訴した過失致死事件を任される。些細な口論から起こった事件だが、容疑者は犯行を認めていた。簡単に結審すると思われていた裁判は、初公判で容疑者が犯行を全面否認するところから意外な展開を迎える。刑事事件の無罪獲得数日本一という蒲生(松本幸四郎)が弁護を担当し、背後に潜む事態の大きさを久利生は感じる。実は、大物代議士・花岡(森田一義)と大手ゼネコンの収賄疑惑をめぐって、そのアリバイ工作に容疑者が関わっていたのだ。久利生と舞子は、証拠固めのために不正輸出された容疑者のクルマの行方を探るため、韓国へと向かう。韓国のエリート検事カン・ミンウ(イ・ビョンホン)も捜査に協力するが、確実な証拠は得られなかった。花岡が受け取ったとされる1億円の贈収賄疑惑を追って、特捜部も動いていた。それでも久利生は、結婚式を控えながら容疑者に婚約者を殺害されためぐみ(国仲涼子)のために、事件の真相を追いかける。そんな久利生に共感して、城西支部の面々も協力を惜しまなかった。苦闘の末、容疑者のアリバイを覆す携帯電話の写メールが発見された。法廷に立った花岡は、その動かぬ証拠を突きつけられて屈服した。事件解決後、久利生と舞子は馴染みのバーを訪れる。そしてそこで、改めてお互いの気持ちを確認しあうのだった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. チーム・バチスタの栄光 (2008) : The Glory of Team Batista

  2. 祈りの幕が下りる時 (2018) : The Crimes that Binds

  3. 姑獲鳥の夏 (2005) : Ubume no Natsu

  4. ジェネラル・ルージュの凱旋 (2009) : The Triumphant Return of General Rouge

  5. 魍魎の匣 (2007) : Moryo no Hako

  6. 麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2012) : The Wings of the Kirin

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。